初回TOEFL 550点突破の快挙が嬉しい!英語100%の学習環境下の語学研修


英語100%の生活に身を置き、ホストマザーに質問しまくる。何度でも聞いてみたのが、短期で英語上達を図れる一番の近道だと実感できました。

高校卒業後米国留学を選択された理由

私は日本の高校を卒業後、語学留学でアメリカのワシントンDC首都に行き、カプランで約8ヶ月間勉強しました。留学を決意したのは、高三の夏だったと思います。特に大きな目標があったわけでもありませんでしたが、ただ英語ができたらいいな、という軽い気持ちで留学しました。
日本にいた時から、英語には興味ありましたが、ほとんど基礎レベルに過ぎず、中学のときも、学校全体で受けた英検以外、英語に触れるのは学校の授業だけでした。自分では英語力が伸びていると実感した事はありませんでしたが、アメリカで大学進学のためにTOEFLを受験してみようと思い立ち、 TOEFLについても無知なままに勉強に取り掛かりました。無我夢中で日本人がほぼゼロの環境下での成果で、初回の受験でいきなり550点を超えたので、一番驚いたのは教師よりも自分自身でした。

TOEFL550点突破するまでの英語力取得の秘訣

カプラン英語校では日本での受験勉強とは違い、スピーキングが主でした。私にとっても、もちろん日本人にとっても一番弱いところです。TOEFLのスピーキングの勉強は、先生や友達との会話からの成果でした。
英文エッセイは残りの後半3週間で、時間を計りながら集中的に特訓しました。初めての公式TOEFL受験という事で、まずは練習だと思い気負いせずに臨んだのが返って良かったのか、本番は特に緊張もプレッシャーも感じずに受験できました。私は勉強、勉強と追われると、ストレスで負けてしまって、何も手が付かなくなるタイプですが、思い切って渡米して、英語漬けの生活環境に自分を身に置いたことが、結果的にはトイフル550点突破取得の秘訣だと思っています。

アメリカ留学の成果・苦労・今後語学留学を目指す後輩達へのアドバイス

カプランは日本人学生が少なく、英語環境100%の生活を願う人にはベストな学習環境でした。確かに分からない事や困ったりして何か助けが欲しい時には、いつも「英語」という言語の壁が立ちはだかり、上手く自分の意志を相手に伝えられない不自由な想いは何度かありました。しかし、そういう失敗を積み重ねたことで、英語表現を磨く練習ができた事は、とても良い経験だと思っています。
先ずは思い切って飛び込んでみる、相手に尋ねてみる、とにかく聞いて、話をして、英語を使わなければならない何も始まらない環境に身を置いてみる、これが一番の英語上達の近道です。

ピンチの時は、自分で何とかそれを解決しなければなりません。英語を使う「チャンス」を生かせば生かすほど、少しずつ英語に対して度胸が身に付いて行き、アメリカで精神的に誰もが強くなれます。
私は今、毎日のアメリカ生活が未知との遭遇であり、好奇心一杯に日々を過ごしています。まだまだ模索中で、これからはアメリカの大学生として意欲的に頑張って、初志を貫徹していきたいと決心しています。

ジョージアサウスウエスタン大学の生活について・これからの夢と抱負

ARCのスカラシップ留学で、授業料75%免除という奨学金を得ることができました。 私の英語の一番の弱点はボキャブラリー不足なので、毎日の学習の積み重ねで克服していきたいです。
これからの4年間でTOEFLスコアが、またさらに伸びるよう、有意義な学生生活を送る積もりです。

関連する体験談