マイケルジョーダンのバスケキャンプにピッペンの息子が居た!


マイケルジョーダンのバスケサマーキャンプ参加はどうでしたか?

僕のバスケ歴は2年半です。海外も初めて飛行機も初めてだったけど、同じ飛行機でジョーダンキャンプに参加する子たちともすぐに仲良くなれ、安心して移動できた。大学寮は植物が多く、プールなどもありキレイだったけど、トイレ・シャワールームが汚かった。日本ではきれいなトイレ・お風呂が当たり前だったから驚いた。1週間過ぎた頃には、アメリカの食事に飽きて日本食が食べたくなった。キレイなお風呂にも入りたいし、日本っていいなと改めて感じた。自分よりもバスケが上手いアメリカンが沢山いたが、全体的には僕と同じ位のレベルが多かった気がするし、僕の方が上だと感じた事もあった。特にディフェンスでは負けないように頑張った。
日本から持ってくるべきだったのは、外と室内用で使い分けるバスケシューズ、ソックスのまま履けるサンダル、湿布薬、10日滞在でも2週間分の着替えがないとランドリーが使えないから汗だくになるから着替えは多いほど良いと思った。キャンプで買った物と持って行ったファブリーズでなんとかしのいだ。始めはルールがわからなくてコーチより先にアパートに戻ったりして、翌日の点呼でジョーダンから名前を呼ばれて注意されたが、英語がわからないので意味もわからず呼ばれて、逆にラッキーだと思った。
毎日一回はシャワーを浴びないと駄目なルールだったらしく、浴室に裸足で入るのが気持ち悪くてシャワーを浴びない日があった時、アメリカンからチクられて、これも注意されたからシャワーを使う時にはサンダルを使った。 日本からお菓子を持ってきてよかった。ピザが一切れ3ドルで買えるから、ほとんど毎日夜に食べていた。アメリカンキッズはみんな何かしらのネックレスをしていたから、自分も欲しかった。ジョーダンに会えた事は本当に感動したが、スペシャルゲストにピッペンも来て2人が揃ってバスケコートにいる事が感動的なシーンだった。前期では強いチームに選ばれ、スタメンで出場できて、チームメイトにピッペンの息子もいた。だけど準優勝に終わってしまったのがとても悔しかった。

ARCスタッフコメント

同じ飛行機でジョーダンキャンプに参加する子たちと仲良くなれ、よかったです。基本的にはロサンゼルス空港で弊社のスタッフと合流という形になりますが、キャンプへ参加するお子様のほとんどが単身で渡米するのは初めてなので、日本の空港出発するお子様は、出来る限り皆さん同じ便になるように弊社では配慮しております。
キャンプ中のランドリーはあるのですが、大勢の方が使う為、使いたい時に使えないことがあるようです。2週間分の着替えは持っていかれる方がいいですね。一度海外に行かれた方は、"日本は何て綺麗な国なんだろう"と改めて実感することでしょう。"立つ鳥跡を濁さず"という文化は、日本だけで裕都くんも改めて日本の良さに気づかされた良い経験となったようです。シャワールームには、サンダルは必須のようですね。ピッペンの息子さんと同じチームメイトにいたなんて、ラッキーでしたね!

関連する体験談