スカラシップ奨学金留学

返済不要、授業料73%以上免除

スカラシップ(奨学金)は、能力のある学生が経済的な理由により、修学が困難な場合に学費を給付、貸与する制度のことをいい、日本では企業や自治体、またNPO教育組織などが学力向上のために実施していますが、将来返済することが前提です。

ARCのスカラシップ制度は、アメリカの8州、19校の州立大学・短大に留学する学生に「返済する必要のない」スカラシップ(奨学金)を給付して、正規に留学するよりはるかに安いコストで留学できる制度です。

4年制大学の費用比較

*各種費用は2015-2016年度の価格です。1ドル104円(2016年6月)*滞在費・生活費は個人によって異なります。

スカラシップ留学の特徴

奨学金と聞けば、「競争率が激しい」、「返済が大変そう」、「スポーツ特待生だけ」、「学業優秀者」など、さまざまなイメージがありますが、ARC奨学金プログラムは、留学生を対象とした留学生のための奨学金制度です。

返済不要

日本では奨学金という形で資金を貸与し、修学後に返済が必要な場合もありますが、ARCのスカラシップ留学制度は、大学自体が留学生に対して学費を免除とするため、返済する必要はありません。

授業料73%以上免除

スカラシップによって免除される金額は、授業料が年間で73%以上(約200万円前後)免除され、成績次第で卒業まで給付を受けることができ、大学の年間学費は30万円程度という画期的な制度です。

応募時の制限なし

日本で奨学金の給付を受けるためには、応募時に年齢や高校の成績、また英語力などの制限がありますが、ARCの奨学金制度では応募時の制限などは一切なく、編入生としてでも応募できます。

全ての専攻が対象

スカラシップ留学には、専攻する学科に制限はなく、全ての専攻(学士号)が応募対象になります。各専攻によって卒業までの履修単位が多少異なる場合がありますが、それ以外は年間授業料の変動はありません。

他の大学からの編入もOK

すでにアメリカで学生ビザを保持しており、他の短大・大学に通学している方も、編入学としてスカラシップ受給の対象になります。編入の場合は、ARC割引特典($400)の特典も付いてきます。

過去の受給率100%

ARCではスカラシップ提携校進学までの過程を想定し、希望する大学へ確実に入学できるように余裕を持った留学プランをご提案しています。過去に留学したお客様のスカラシップ受給率は100%です。

アメリカ中西部の州立大学

ARCのスカラシップ制度は、アメリカの8州、19校の州立大学・短大へ入学します。この制度はジョージア州に位置するジョージアサウスウエスタン州立大学のスカラシップ事務局が統括しており、ARCでは、2007年より日本人留学生の窓口事務局として奨学金の選考から授与されるまで留学生の支援を行っています。

  • ジョージア州
  • ミズーリ州
  • ミネソタ州
  • ウィスコンシン州
  • ネブラスカ州
  • ルイジアナ州
  • ワシントン州
  • フロリダ州

応募について

このプログラムは世界各国から応募があります。各大学の奨学金募集定員に達した時点で予告なしに締め切りとなるため、定員枠は各大学で5〜10人程度です。人気の高い大学はお申し込みの先着順となるため、できるだけ早く応募する必要があります。

応募条件

項目 内容
年齢 18歳~35歳までの成人男女
最終学歴 高校。大検卒業以上
GPA(成績平均値) 2.5以上
TOEFLスコア 不問(応募時)
対象者 新入生・編入生

応募時期

応募日 入学時期
毎年6月1日 翌年の春学期〈毎年1月初旬頃〉
毎年11月1日 夏学期 〈毎年5月末頃〉
または秋学期 〈毎年 8 月中旬頃〉
毎年4月1日 秋学期 〈毎年8月中旬頃〉

スカラシップ留学の募集は、年3回あります。早くても入学の8ヶ月前に締めきられるので、出願はできるだけ早めに行う必要があります。

ブリッジ英語コース

この留学では、スカラシップ連盟が指定するジョージア州立大学内で開催されるブリッジ英語コースの受講が必須となります。提携する大学への入学を確実にするための語学特訓コースです。英語力が大学の基準に達したら、晴れて奨学金が大学から授与され、授業を開始できます。留学生は現在の英語力を加味して、希望する進学校の入学時期の前学期にブリッジ英語コースに参加します。

このコースはスカラシップ進学カウンセラー兼英語教師により行われます。入学したい大学の選択、規定英語力の達成から入学手続きまで、親身に適切なアドバイスをしてくれます。

総学生数は約30名以下で、授業は週5回、各クラスの定員は、少人数制で約6〜10人程度です。クラスによっては、1:1のマンツーマンになる場合もあります。各学期中にTOEFL iBTテストを2回受験できるチャンスがあり、その時に規定の英語力が満たされているかどうか評価されます。

ブリッジ英語コースは、大学の授業が開始される同じ時期に開始され、1年前から出願できます。

コース受付締切日 英語研修受講時期受講期間 大学入学予測時期
毎年6月1日 秋学期(8月~12月)16週間 翌年春学期(1月初旬)
毎年11月1日 春学期(1月~5月)16週間 翌年夏学期又は、秋学期(8月中旬)
毎年4月1日 夏学期(6月~7月)8週間 翌年秋学期(8月中旬)