音楽留学

多くの音楽の発祥地で学ぶ音楽留学

R&B、ポップ、ロック、ラップ、ジャズなどさまざまなジャンルの音楽発祥の地、アメリカ。そんな環境での学習は、きっと感性を高めてくれるはず。アメリカには東部、西部とでデジタル作曲、楽器演奏、オーディオテクノロジー、DJまで教えてくれる多くの有名な音楽学校があります。音楽のカリキュラムの他に希望者は英語の研修も受けられます。

音楽留学で何を学ぶか

楽器演奏コース

ギター、ベース、キーボード、パーカッション、パーカッション(ドラム)のいずれかのコースに入学します。サーティフィケートだと1年コース、短大学位コースだと最短で1年半。4年制大学の学士号を3年で取得できる学校もあります。

ボイス・ボーカルコース

楽器演奏コースと同じく歌唱能力を高めるコースです。ジャムセッションなど定期的に行われ、グループバンドを組んで、生徒の前で発表する機会もあり、さまざまなジャンルのボーカルをカバーします。

オーディオテクノロジーアーティストコース

コマーシャルミュージック、レコーディング技術プログラム、コンサートなどの音響担当コース、ギター制作クラフトマンシップコースへ進学できます。 コンサートなどでのオーディオテクノロジーを扱える人材育成を目指します。

ターンテーブルDJコース

DJを目指されたい方、またDJの腕を上げたい方にお勧めです。

音楽ビジネスマネージメントコース

音楽ビジネス界で音楽をプロデュースして売り出す方法、音楽ビジネスマーケティング手法を始め、一般的な音楽界での商法を学ぶコースです。

音楽留学の概要

条件は特にないが、英語力が必要

正規の大学、音楽専門学校留学のため、最低TOEFLで500以上程度の英語力が必要とされます。学位が出るMI、FullSailなどは、TOEFL500が必要になります。専門学校でのサーティフィケートやディプロマコースでは、特に英語力は問われませんが、授業についていけるだけの最低の日常会話能力と、最低の音楽専門用語の知識が必要です。

音楽学校への入学は年4回から

通常年2または4回の入学時期が設定されています。クオーター(四半期)やセメスター(学期)にあわせての入学となります。期間は1クオーター(3ヶ月)から、1年サーティフィケートコース、学位コース(1年半)コースから選ぶことができます。

滞在はまずはホームステイ

正規音楽留学などの長期留学では、まずはホームステイです。慣れてきたころに、アパートに友達とシェアして住む場合が多いです。

各学校に入学するために必要な英語力

学校・プログラム名 TOEFL IELTS
LACM カレッジオブミュージック 70 6.0
ミュージシャンズインスティチュート MI
(学士号プログラム)
61 (iBT)
500 (PBT)
ミュージシャンズインスティチュート MI
(準学士号プログラム・修了証書コース)
二年制大学 音楽専攻 45 (iBT)
450 (PBT)
4.5-
四年制大学 音楽専攻 61-100(iBT)
500 (PBT)
5.5-7.0

正規音楽留学はいくらかかる?

アメリカ正規音楽留学の費用

学校 プログラム名 授業料
ミュージシャンズインスティチュート MI BA Degree program(学士号) 約$28800
(約300万円)
AA Degree program(準学士短大コース) 約$31980
(約333万円)
修了証書コース (半年から一年間) 約$15990- $31980
(約166~333万円)
その他プログラム(1ターム) 約$4005- $7995
(約42~83万円)
LACM カレッジオブミュージック 約$31605
(約329万円)
二年制大学 音楽専攻 約$5000- 8000
(約52~83万円)
四年制大学 音楽専攻 約$9000-50227
(約94~522万円)
授業料のほかに教材費、滞在費、交通費、食費等は別途130-150万円位必要です。日本円は1ドル104円(2016年6月)