中学高校留学現地サポート

日本を離れ、まったく異なる文化や習慣の中での生活が始まります。時にはホームシックにかかることも予想されますし、不自由なことにも直面するでしょう。それは誰にでも起こり得る、ごく自然で必要な体験です。ですが、日本にいる保護者の方は、「もし学校に失敗したら、いつでも戻っておいで」といった優しい励ましにも聞こえる助言をするときがございます。私たちから見れば、それはできるだけ控えて頂きたい言葉です。なぜなら、自分からの逃げ道を用意する事になり、いざ困難に立ち向かう時に、勇気をくじけさせ、甘えさせる要因ともなるからです。

ガーディアンとして未成年を守るということ

留学中に未成年のお子様をお世話をするにあたって、最初に保護者の方に理解してほしいことは、私たち ARC はガーディアン(守り役)としての責任を果たさなければならないということです。渡米したての時期はどのお子様も、何もかもが新しくてわからないことばかりなので、私たちの指示やアドバイスを素直に聞きいれますが、その後2~4ヶ月目になると日常英会話が理解できるようになり、秋の新学期ごろになると、授業にも慣れ、友達が作れるようになります。

初回の渡米から数ヶ月間でおおよそのことが自分でできるようになり、アメリカそのものに慣れてきます。そうすると自分自身では気づかないうちに、日本にいたときの甘えがでてきて、私たちの指示やアドバイスを聞かなくなってくる場合があります。私たちは、このような時、毅然とした態度で接しています。時には怒らなければならないときもあります。それは、自分が住んでいるところは、安全で平和な日本ではなく、アメリカという国であるということです。本来やってはいけないことや、身の回りの危険、生活習慣が日本とは全く違います。ちょっとしたことで大きな事故や誤解につながったりします。

保護者の方がお子様を思う気持ちは理解しています。ですがアメリカという国で子供をサポートする以上、ARCでは、日本で行われるサービスとは大きく異なったサービスをする場合がございます。お子様を守るガーデイアンとして日本の常識では通じない、アメリカの社会通念とルールに従いながら、日本とは異なるご提案を敢えて行うケースもあるかもしれません。これらのことは年間の現地サポートを通して十分にお客様にご理解いただけるように努めております。

ARC中学高校留学未成年現地サポート

TOEFL/SAT/SSATなどテスト手配

各種英語のテストを申請代行します。

現地におけるトラブル時の仲介やご相談

事故などのトラブルに見舞われた際の仲介やアドバイスを提供します。

米国専用の携帯電話のお引き渡し

弊社指定の業者に加入した方のみを対象としたサービスです。携帯電話月額料金は別途発生します。

生活情報のご提供

観光スポットや生活に役立つ情報をご提供します。

ロサンゼルス空港お出迎え

初回渡航時は空港までお出迎えします。

ガーディアンシップサービス

保護者代行で各種書類に署名代行

定期滞在先諸連絡

滞在先の寮または、ホストファミリーとの定期的な諸連絡

アメリカ中学高校留学体験談

青春時代をアメリカで過ごしたことで体験した一生に一度の経験は、私たちアメリカ留学センターが語れるものではありません。
アメリカの中学高校を卒業した先輩たちの声を聞くのが一番です。