中学高校留学に向けての計画・準備

今すぐでなくても、将来は子供に留学をさせたい。そう思った時点から留学の準備が始まります。準備はしすぎていけないということはありません。留学とは日本を離れ、海外へ行くという人生の大きなイベントでもあります。そのため、準備する範囲もそれなりに幅広くなります。ここでは、将来の留学に向けてどのようなアプローチで準備をしていけばいいのかを見ていきましょう。

留学の第一歩はカウンセリング

留学に対する関心が高まってくると、書籍やインターネットで調べたり、お友達やご家族に相談したりと、それなりの情報集めるようになります。ですが、私たちがお客様とカウンセリングする都度いつも思うことは、それらの多くが間違った情報源だったり、実現できそうにない無理なプランが多いことです。留学とは、綿密なスケジュールに沿っで行動する旅行とは異なります。一番の情報源はプロのカウンセリグに尽きます。本来の留学カウンセリング業務とは、プロモーション(営業活動)の前に保護者とお子様の心配を軽減させることが最重要であると私達は考えています。お客様のご要望や不安に耳を傾けながら聞くことはもちろん、普段の日常生活の話題から将来の進学プランにお話を拡げていく過程で、予算枠内でおさまる現実レベルの留学プランを見つけるのがステップの第一歩です。

中学高校留学の流れ

カウンセリングに約1年

中学高校への留学をお考えのご家族は大体平均して1年くらいの準備期間を持って臨みます。

出願から約8〜9か月後に現地の中高に入学

アメリカの新学期は8月中旬~9月初旬で、州によっても異なります。中学・高校留学の出願時期は前年度の11月頃からスタートし、合格発表は翌年2月末前後が見込まれます。2学期あるセメスター制スクールでは、1月中旬の春学期からの編入学を受け入れる学校もあります。

時期スケジュール
約1年カウンセリング
11月中高の出願開始
2月末前後合格発表
3月下旬~8月下旬現地で事前の語学研修
8月下旬~9月初旬秋の新学期スタート

中学高校留学費用

留学かかる費用は、学校や生活スタイルによって大きく変わってきますが、生活費込みで、年間 290万円~600万円前後(1ドル100円の場合)かかります。ですが、費用の高さと学校のレベルは、必ずしも比例しません。事前に保護者の方から年間ご予算の上限を伺い、それに見合う学校を候補としてご紹介いたします。

学生ビザを取得してアメリカに留学する場合、年間の学費・滞在費・生活費を賄える資金がある財政証明も必要です。留学資金に制限があるなら、国の教育ローンを金融機関よりも半分以下の低利子でご利用になれますので、ご関心がある方はお問い合わせ下さい。2016 年秋現在では15 年月賦で年利 2.65%です。借入れの限度額は300万です。

アメリカのビザに対する心構え

必ず必要な学生ビザ

アメリカに3か月以上滞在するためには、必ずビザを取得しなければなりません。他国と比較してアメリカのビザ申請は特に難しく、申請が却下されるケースが多いとよく言われます。弊社にもビザが却下された方からのご相談が絶えません。ビザ申請の合否は、アメリカの国務省管轄下にある移民局に決定権があり、入学する学校ではありません。たとえ移民ビザ専門の弁護士を通しても、ビザ認可が100%保証されるわけではありません。また、ビザが却下されると、当然留学もできなくなり、いままで準備してきたものが全て無駄に終わってしまいます。

ARCのビザ面接シミレーション

ARC ではビザ申請には特に力を入れており、事前にお客様の状況を十分に把握し、ビザ面接時に質問されること、話して良いこと、話してはいけないことなどの回答例を作成します。本番面接の前にはシミュレーションを行い、徹底して指導を行います。ビサ申請の面接は5~10分未満で済みますが、ARCでは本番面接前のシミュレーションを実施しています。過去の多くのケースから培われた知識と経験により、ビザ認可のための努力を惜しみません。

中学高校留学のお手続き

留学を正式にお決めになったら、いよいよ留学手続きの開始です。実際の渡航までに、次のような工程で作業が進められていきます。

ステップARCお客様
1学校リサーチ
カウンセリング
お客様とカウンセリングを行い、出願先の学校を絞っていきます。
日本国内での個別面談、メール・お電話・スカイプによるご相談にも対応
2書類作成 願書の取り寄せ・作成
成績証明書の添削・翻訳
卒業証明書の添削・翻訳
推薦状作成の指導・添削・翻訳
エッセイ作成の指導・添削・翻訳
財政証明書の指導・相談
健康診断・予防接種ガイド
学校と個別に特別交渉
入学前の現地英語研修手配(オプション)
日本で英語SLEPテスト実施
成績証明書の取り寄せ
卒業・在籍証明書の取り寄せ
教師からの推薦状
英文エッセイの作成
財政証明書の取り寄せ
健康診断・予防接種の実施
その他の書類の準備
3出願 中高の願書の提出
事前の英語研修先から入学許可I-20取得
出願校と後日電話インタビュー
4合否発表 出願先の中高から合否通知
(受験時期により発表は一律ではありません)
不足予防接種の実施
5ビザ申請 ビザのオンライン申請・国務省SEVIS納付
日本の米国領事館での面接予約
ビザ面接で必要な回答例シナリオ作成
ビザ申請書類一式を日本へ宅配で発送
規定のデジカメ画像の撮影・提出
面接時の注意・シミュレーション練習
6ビザ面接  米国領事館でビザ個別面接
保護者の同伴は自由
7ビザ取得  ビザ取得の合否(当日判明)
3~4日後に領事館から旅券返送
8渡航準備 渡航の最終スケジュール作成
指定保険代理店から海外傷害保険加入
航空券の手配・フライト確認書の発行
滞在先ハウジングの手配と案内
渡航時の最終確認書の案内
米国専用の携帯電話の加入案内
渡米直前の最終確認
最終学年度末の英語成績証明
渡米時のノートパソコン準備
生活必需品の購入
傷害保険プラン選択と加入完了
現地携帯電話(オプション)
9渡航時 ロサンゼルス空港でのお出迎え(アナカン依頼はオプション)
ARC本部、日米文化会館でオリエンテーション(所要4~5時間)
米国専用の携帯電話のお引渡し(米国内通話24時間無制限+データ通信)
現地日系クリニックで不足の予防接種(必要な人のみ別途有料)
体調管理と時差調整・ホテル1泊滞在(ARC同性スタッフが同室補佐)
保護者へ無事到着の案内
弊社代表と連名で開設した銀行口座のATMカードご提供
翌日、英語研修先の都市へロサンゼルスから移動時の補佐・諸連絡
10留学開始 現地米国でのサポート開始
ロサンゼルス本部サポートスタッフ主導
保護者への定期レポート
英語校受講→4-5ヵ月オプション
中高の秋新学期がスタート
途中編入者:2学期目1月上旬始業

アメリカ中学高校留学体験談

青春時代をアメリカで過ごしたことで体験した一生に一度の経験は、私たちアメリカ留学センターが語れるものではありません。
アメリカの中学高校を卒業した先輩たちの声を聞くのが一番です。