語学留学したのに英語力がのびない理由

更新日:

積極的なコミュニケーション

クラスの中で日本人留学生は欧米や南米からの留学生に比べて受け身で静かな印象があります。日常会話の中でも質問されなければ会話をスタートすることが出来なかったり、すぐに会話が終了してしまい、英語に触れる機会を逃してしまいます。英語に触れる機会が多ければ多いほどもちろん英語は上達していきます。

「間違っているかもしれない」「恥ずかしい」という気持ちが英語を使う機会の減少につながり、英語力が伸びない原因になってしまいます。間違っていても気にせず積極的にコミュニケーションをとるうちに英語力が伸びていきます。

また、よくネイティブ相手の会話でないと意味がないという声を聞きますが相手の母国語は関係なく、自分から英語を発するということが大事です。

渡米前の準備不足

語学学校では初日のレベル分けテストでその後1ヶ月~数ヶ月入ることになるクラスを英語力で判断されます。つまり、クラスメートは自分と同じ英語のレベルということです。初日の時点で自分の英語力があまり無ければ、英語力がない人との環境で学ぶことになります。

もちろん定期的にあるテストでクラスのレベルアップも可能ですが、渡米前にある程度、英語の勉強をしておけば高い英語力を持った留学生がいる環境で学習することが出来ます。

また、英語で行われる授業をなるべく理解するために、基礎的な英語は渡米前に勉強したほうが授業についていくのが楽だと思います。

アメリカに来ただけで英語が話せるようにはなりません。アメリカに行ったら英語が話せるようになるとは勘違いはせずに日本での基礎的な英語の勉強をし、留学の準備をすることで英語力の伸びにつながります。

日本語環境

せっかく留学をしているのに日本人と遊び、日本語しか話さずにいることで英語力が伸びない原因です。

英語は練習することによって上達します。留学先に同じ日本人の留学生がいることは仕方がないことなので、日本人と全く関わらないという訳ではなく、自分は英語を学ぶために留学をしているということを意識すれば英語力が伸びないということは無いと思います。

また、語学学校では先生以外は留学生なのでネイティブスピーカーと関わる機会があまりないかもしれません。ネイティブスピーカーとの接点を増やし、語学学校とは違う英語環境を作るのも大事です。

勉強不足

単純に勉強不足が英語力が伸びない理由かもしれません。

英語の伸びが早い人は授業以外にも自分で英語を勉強する努力をしています。例えば放課後にチューターと勉強したり、お家にいるときに英語の本を読んだり映画を見たりします。そして、そこで出てきた分からない単語を調べインプットします。授業以外の勉強でインプットし、学んだ英語を友達との会話や授業などでアウトプットしてみれば、学んだ英語を実際に活用する場が生まれ、英語の習得が早くなります。

期待し過ぎ

留学したら英語がネイティブ並みにペラペラになれると思うのは間違いです。英語力の上達への過度な期待が英語力が伸びないと思わせているかもしれません。

第二ヶ国語の習得は10~12歳を過ぎると難しくなり、個人差もありますが、大人がネイティブの発音習得できる可能性はかなり低くなります。期待し過ぎることで留学終わり頃にまだ英語がペラペラではないと焦ってしまいがちですが、ほとんどの人が外国で英語を勉強してもネイティブ発音になれないことが普通と思うことが大事です。ただ大人でも努力次第でネイティブに近い発音習得は可能です。

完璧な英語でなくてもちゃんと伝わります。