俳優アクティング留学

目指すは、ハリウッド俳優!
ブロードウェイ ミュージカル俳優!!

アメリカにおいて、演劇を学ぶということは、その国の文化を学ぶといっても過言ではありません。この国での演劇は、長い歴史があり文化に深く根付き、人々の生活の一部になっています。日本では演劇を学ぶことは、趣味の延長といったように思われがちですが、アメリカでは演劇学科は学問の一つとして、メソッド(教授法)が確立されています。それらはアクティングテクニックと呼ばれ、スクールでは様々な演技法を学んでいくことになります。


*当プログラムは、トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラムとの組み合わせる事が可能です。
「トビタテ!留学JAPAN」ページ

どんな俳優になるのか?

演劇(アクティング)は大きく分けて2つのジャンルに分かれます。1つは映画俳優(Movie Actor)と呼ばれる映画やTV・コマーシャルなどで活躍する俳優です。2つめは、舞台俳優(Stage Actor)と呼ばれるミュージカルやストレートプレイ(演劇)など舞台で活躍する俳優です。

ミュージカル俳優プログラム

ミュージカル俳優プログラム

舞台俳優には大きく分けて2ジャンルあります。歌や踊りで華麗に世界を描くミュージカルと、シェークスピアなどの伝統的な演劇方法のひとつであるセリフのみのストレートプレイです。

映画・TV俳優プログラム

映画・TV俳優プログラム

映画やTVのような映像系のアクターのことをOn-Camera Actorと言います。今ではTVの俳優も映画俳優と同等に扱われ、競争率もどんどん上がってきています。

大学で学ぶか?アクティング・スクールで学ぶか?

アクティング・スクールで学ぶ

こんな人にオススメ!

  • 短期間でアクティングを学びたい人
  • どんな俳優になりたいのかはっきりわかっている人
  • 費用を安く抑えたい人
  • 英語力に自信がない人

アクティング スクールでは、実践的なことを短期間により詳しく教えてもらうことができます。

TOEFLやiELTSなどの英語テストが免除されている学校もあり、入学する際の英語力のハードルは大学よりも少し低めです。実践的なことを学べる分無駄もなく、効率的に演技スキルが学べます。映画・TV俳優アクティングプログラムはOn-Cameraアクティングのことのみ、ミュージカルプログラムは、ミュージカルのことのみ、というようにジャンルを区切られて勉強をすることになります。事前のリサーチで、どのコースを自分が本当に受けたいのかを知ることがとても大切となってきます。

大学で演劇科専攻して学ぶ

こんな人にオススメ!

  • 基礎から学びたい人
  • 学位を取得したい人
  • 演技以外も学びたい人
  • 英語力に自信がある人

大学へ入学する為には、TOEFLやiELTSと呼ばれるで公式英語テストで大学が提示しているスコアを満たす必要があります。

規定スコアもアクティング専門スクールに比べて高く、公式英語テストとは別にきちんと会話ができるかどうかを確認するための面接や演技テストのデモビデオを求める大学もあります。アメリカの多くの大学でパフォーミングアーツを学べますが、日本の大学とは違い、実技のみを重視したものではなく、一般教養科目はもちろん、歴史や理論、セルフマネジメントなどのクラスも学ばなくてはいけません。

俳優アクティング留学に必要な英語力とは?

アメリカでアクティングを学ぶために英会話力は文法以上に必須です。アクティングを学ぶための英語力とは、勉強して得られる英語力よりも、会話力・読解力が必要になってきます。英語を使って演技するのは、母国語で演技をするより何倍も大変です。

英語に自信のない方は、初めに現地での英語研修の受講をお勧めします。英語研修を提供しているアクティングスクールも多数ありますので、是非アメリカ留学センターまでお問い合わせください。

日本人でも俳優として活躍できる?

『ラストサムライ』の渡辺謙や、真田広之を始めとして、最近では日本のバラエティ番組等で活躍してるローラも『バイオハザード』でハリウッド映画に出演し話題となりました。日本人俳優もハリウッド映画界へ進出しつつあります。
また、ニューヨークでは米倉涼子や宝塚出身の和央ようか、大和悠河もミュージカル『シカゴ』でブロードウェイの舞台に出演しました。英語力はさることながら、演技力、殺陣、ダンスなど、様々なスキルが求められるこの世界で夢を掴み、活躍していく為に必要な知識や経験を学ぶにはどうしたらいいのでしょうか?

「もっと読む」