【2016年3月15日から】カナダ入国には事前にeTA(電子出入国カード)の取得が必要になります。


  • 2016年03月05日
カナダへの入国制度が変更になり、電子渡航認証(eTA: Electronic Travel Authorization)が導入されました。 eTAとは、ビザが免除されている国の渡航者(日本国籍は該当)に対し、日本を含むビザ免除プログラムでカナダ入出国カードの取得義務プログラムです。 どんな人が対象? 米国以外の国籍で、かつカナダ入国にビザが必要ない国籍の方 カナダ入国にeTAが必要になるのはいつから? eTAが義務付けられるのは2016年3月15日からですが、2015年8月1日以前に就学許可証/就労許可証の発給を受けていて、eTAが必要な国籍の方が、カナダから空路で出国と再入国を予定している場合は、eTAが必要になります。 eTAの申請方法は? カナダ政府ウェブサイトからオンラインの簡単な手続きで行えます。 (http://www.cic.gc.ca/english/visit/eta-facts-ja.asp) 申請に必要なものは? パスポート、クレジットカード、Eメールアドレス、取得発行料は7カナダドルです。 申請後からの有効期限は? eTAは、有効期間は最長5年間または、パスポートの有効期限までとなります。 申請対象外の人はいますか? 米国市民と有効なビザを保持している人です。米国永住権保持者はeTAの申請が必要です。 eTA取得後、証明書として書類を印刷する必要がありますか? ご本人のパスポートに電子的にリンクされるため書類の印刷は不要です。