お客様からのよくある質問集

英語力が不足していても大学院を受験できるのですか?

英語力が不足していても大学院を受験できるのですか?

大学院の留学生の入学応募条件には、TOEFL 基準点数が常に必須です。実際はその基準に達していない方でも、合格するケースが多く見られます。大学院では英語力だけではなく、総合的な人物評価で審査するため、受験者のエッセイや推薦文内容がより重視されて評価に繋がるからです。仮に英語力が不足していたとしても、それをカバーするだけの文章力、豊富な実務経験歴を示す履歴書や推薦状で、大学院の合格率がかなり高まり結果も左右されるはずです。そのため英語力を磨くのは勿論、同時にその他の選考要素にフォーカスされ、追加書類の中で「英語力不足を自覚しているが、今後も英語学習の続行で努力をする」と宣言してみるのも、お勧めできるアプローチ対策でしょう。