お客様からのよくある質問集

ESTA(エスタ:アメリカ電子渡航認証システム)とは何ですか? 

アメリカに短期で旅行する際にESTAというオンラインシステムで事前に登録が必要と聞きましたが、これはどういうシステムですか。 どうすればいいですか? VWP渡航者がESTA渡航認証をせずに渡航したらどうなりますか? 第3国へ渡航する途中で米国を通過予定ですが、それでもESTA認証は必要ですか? ESTA渡航認証の完了時、それを印刷して空港のチェックイン時に提出すべきですか?

2009年1月12日より、米国国土安全保障省(DHS)による電子渡航認証(Electronic System for Travel Authorization: ESTA)が義務化されました。 この新しいオンラインシステムは、ビザ免除プログラム(VWP)の一部で、米国に短期商用・観光目的(90日以下)で旅行するすべてのVWP渡航者は、米国行きの航空機や船に搭乗する前にオンラインで渡航認証を受けなければなりません。 VWP渡航者がエスタ渡航認証無しに渡航する場合、航空機や船舶への搭乗拒否、又は米国の入国が拒否されることを意味します。 VWPを利用してビザなしで米国を通過するのであれば、2009年1月12日以降はESTA渡航認証が必要です。 渡米時、米国の入国審査時にエスタ渡航認証のコピーの提示義務は要求されておりませんが、渡航認証を印刷して携帯することを弊社ではお勧めしています。 エスタ渡航認証に記載されている申請番号は、レファレンス番号と呼ばれ、後日、エスタの更新手続きや、状況確認の際に必要とするからです。 弊社、アメリカ留学センターでは、迅速かつ正確に面倒なエスタ登録をお客様にかわり、若干の費用で何処のエージェントよりも安い費用で代行いたしますので、ご希望者はお申し付けください。 また弊社への申請受付は、ご旅行される5日前までとなります。 費用 新規登録:$30(3000円)  登録更新手続き:$15(1500円)